関数の棒グラフの例

ある電子機器設計技師は、動作温度と3タイプのフェースプレートガラスがオシロスコープ管の光出力に及ぼす影響を調べています。技師は、最初の調査の一環として、温度とガラスタイプのいろいろな組み合わせにおける光出力を比較する棒グラフを作成します。

  1. サンプルデータを開く、光出力.MTW.
  2. グラフ > 棒グラフ > 1変数の関数 > 1つのY > クラスターを選択します。
  3. 関数から、平均を選択します。
  4. グラフ変数光出力を入力します。
  5. グループ(カテゴリ)変数 (1~4、最初の変数が一番外側のグループ)温度ガラス種別を入力します。
  6. OKをクリックします。

結果を解釈する

最も高い光出力を最も頻繁に得られる温度は華氏150度です。ガラスタイプ間の光出力の差は小さいですが、最も高い光出力が最も頻繁に得られるのはガラスタイプ1です。全体的に、最大の光出力は、ガラスタイプ1が150度のときに発生します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください