行列を行列にコピー

データ > コピー > 行列から行列に

1つ以上の行列のコピーを作成し、指定したワークシートに保存するには、次の手順に従います。

  1. 行列からコピーに、コピーする保存行列(「M1 M2 M3」など)を入力します。
  2. コピーされたデータを行列に保存から、保存場所を選択します。
    • 新規ワークシートで: 行列のコピー先となる新しいワークシートの名前を入力できます。
    • 次のワークシートで、最後に使用した行列の後に: 行列のコピー先となる開かれているワークシートの名前を入力します。
    • 現在のワークシートで、行列で: コピー先となる行列(「M4 M5 M6」など)を入力します。
  3. 行列番号に加えて行列名を含めるには、コピーされたデータを含む行列に名前を付けるを選択します。
    ヒント

    行列に名前を付けたり名前を変更したりするには、NAMEセッションコマンドを使用します。たとえば、行列M1に「My Matrix」という名前を付けるには、コマンドプロンプトでNAME M1 "My Matrix"と入力します。

  4. 含めるか除外する行列の行を指定するには、データをサブセット化をクリックし、次のいずれかを選択します。
    • 番号付けされた行を含む: 指定した行を含めます。
    • 番号付けされた行を除外する: 指定した行を除外します。
  5. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください