テキスト値のパターンを作成する

計算 > パターンデータ作成 > テキスト値

次の手順に従い、高、中、低などのテキスト値のパターンを列に挿入します。

  1. パターンデータの保存場所に、列番号(「C1」など)または列名を入力します。 名前にスペースが含まれている場合は、名前を単一引用符で囲みます。
  2. テキスト値 (例、赤色" ライトブルー")に、テキスト値のセットをスペース区切りで入力します。 テキスト値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符で囲みます。
  3. パターンの繰り返し情報を入力します。
    1. 各値をリストする回数に、値セットの各値を列挙する連続回数を入力します。
    2. 系列をリストする回数に、値セット全体を繰り返す回数を入力します。

たとえば、この設定では次のデータ列が作成されます。

  • テキスト値 (例、赤色" ライトブルー"): purple green "dark red"
  • 各値をリストする回数: 2
  • 系列をリストする回数: 3
C1-T
カラー
purple
purple
green
green
dark red
dark red
purple
purple
green
green
dark red
dark red
purple
purple
green
green
dark red
dark red
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください