計算機による計算式の作成

計算機を使用して計算式を作成します。

計算式の作成

計算式を作成するには、次の手順に従います。

  1. 計算 > 計算機を選択します。
  2. 結果の保存場所に、列番号(「C1」など)、定数(「K1」など)、または列名(「結果」など)を入力します。 名前にスペースが含まれている場合は、名前を一重引用符で囲みます。
  3. に、計算式を構成する変数名、演算、および関数を入力します。 関数の詳細は、計算機の関数を参照してください。
  4. 計算式を列に割り当てるには、計算式として割り当てるを選択します。 列に計算式を割り当てると、関連データを追加、削除、変更するたびに値が自動的に再計算されます。
  5. OKをクリックします。

計算式の使用例

次の例は、計算機のいくつかの使用例を示しています。

算術計算式の計算
算術計算式の計算を行うには、保存列または保存定数と式を入力します。たとえば、結果の保存場所に「C11」、およびに「MEAN(C10)/STDEV(C1)」と入力すると、Minitabでは、C10の平均をC1の標準偏差で除算し、C11の結果を保存します。
列の値または定数の保存

列の値または定数を保存するには、保存列または保存定数と値を入力します。たとえば、結果の保存場所に「K1」と入力し、に「5」と入力すと、MinitabではK1 = 5と設定されます。

テキスト値を入力する場合は、その値を二重引用符で囲みます(例「緑」)。

真/偽の比較の保存
真/偽比較の結果を保存するには、保存列と列比較式を入力します。Minitabでは、比較列の値ごとに、比較が真の場合には値1を保存列に入力し、偽の場合には値0を入力します。次の式は、真/偽比較の例です。
  • C1="green": Minitabでは、greenが含まれる行ごとに1を保存し、他のすべての行では0を保存します。
  • C1 > C2: Minitabでは、C1 > C2の行ごとに1を保存し、他のすべての行では0を保存します。
  • C1 = WHEN("3/15/03"): Minitabでは、3/15/03 12:00 amと等しい行ごとに1を保存し、他のすべての行では0を保存します。

計算式のガイドライン

計算式は、関数、算術演算、比較演算、論理演算、および列演算で構成することができます。計算式には、列、保存された定数、数値、テキストを含めることができますが、行列は使用できません。計算式を作成するときには、以下のガイドラインに従います。

括弧( )
複数の演算を組み合わせて複合式にする場合は、括弧を使用します((C1 + C2)/(C2 - C6)など)。また、関数の値または値列を指定する場合にも括弧を使用できます(SIN(3.5)またはSIN(C1)など)。
大括弧[ ]
列内の単一値を指定する場合は、データ値の行番号を大括弧で囲みます。たとえば、列C5の名前が収益の場合は、'Revenue'[27]C5[27]の両方の式により、列C5の行27にある値が返されます。
ハイフン
Minitabでは、ハイフンが負の符号と解釈されるため、ハイフン(-)を式で使用して値の範囲を指定することはできません。たとえばMinitabでは、C1-C4が「C1引くC4」と解釈されます。
テキスト値
特定のテキスト値は、"green"のように二重引用符で囲みます。
通貨またはパーセントフォーマット
通貨またはパーセントフォーマットの数値データは、基本的に表示用です。これらのフォーマットは、選択した関数でのみ入力できます。たとえば、ANY関数は通貨記号$を認識しないため、ANY(c1,$3.50)という論理関数を使用して列C1の値$3.50を識別することはできません。
比較演算
次の比較演算を使用できます。
  • =(に等しい)
  • <>(に等しくない)
  • <(より大きい)
  • >(より小さい)
  • <=(以下)
  • >=(以上)

比較が真の場合、結果は1に設定されます。偽の場合、結果は0に設定されます。

欠損値
テキスト値が欠損していることは、間にスペースのない連続した二重引用符("")によって表します。数値または日付/時刻値が欠損していることは、欠損値記号*を一重引用符で囲んで表します('*')。
論理演算
次の論理演算を使用できます。
  • &(AND)
  • |(OR)
  • ~(NOT)

式では、記号(& | ~)またはワード(AND、OR、NOT)のいずれかを使用できます。

比較が真の場合、結果は1に設定されます。偽の場合、結果は0に設定されます。

テキスト関数でのワイルドカード文字

1文字以上の文字列を表すには、アスタリスク(*)を使用します。1文字のみを表すには、疑問符(?)を使用します。

テキスト文字列で"*"文字や"?"文字を参照するには、その記号の前にチルダ(~)を挿入します。

たとえば、大文字と小文字を区別する検索関数および検索関数を参照してください。

演算の順序

Minitabでは、以下の順序により行単位で演算を実行します。
  1. グループ列
  2. 定数および列演算
  3. 関数
  4. 指数
  5. 「NOT」および減算(-)の演算
  6. 乗算と除算
  7. 可算と減算
  8. 比較演算
  9. 「AND」演算
  10. 「OR」演算

順位が同じ計算が複数あるときは、左から右の順に計算されます。

ヒント

デフォルトの順序は括弧を使用して無効にすることができます。Minitabでは、括弧内の式を最初に実行します。

計算機の出力の考慮事項

計算式の作成時には、計算機の出力に関する以下の情報を考慮します。

データ型

式で評価される最後の演算は、減算やMEANなどの数値演算で、その後結果が数値として保存されます。たとえば、TODAY() - 30の結果は数値になりますが、これは、評価される最後の演算が減算(数値演算)であるためです。

最後に評価される演算が日付/時刻関数(NOWWHENなど)の場合は、結果が日付/時刻値として保存されます。たとえば、DATE(TODAY() - 30)の結果は日付値になりますが、これは、評価される最後の演算がDATE(日付/時刻関数)であるためです。

Minitabでは、ほとんどの表計算プログラムの場合と同様、日付/時刻変数と数値を組み合わせて演算する場合(例: NOW() + 30)、その数値を日数と見なします。

通貨またはパーセントフォーマット
通貨またはパーセントフォーマットのデータを入力値として認識できる関数では、通貨またはパーセント記号が結果に保存されない場合があります。たとえば、SUM関数を使用して通貨フォーマットのデータ値列を加算すると、Minitabでは、値の合計が返されますが、関連付けられた通貨記号は返されません。ただし、列に結果を保存する場合は、エディタ > 列のフォーマットを選択し、通貨またはパーセントを選択して、列を通貨またはパーセントとしてフォーマットし、記号を表示できます。
欠損値
入力値が欠損値である、または負の数の平方根を計算しようとしている、などの理由で式の計算が不可能な場合、結果は欠損に設定されます。Minitabでは、数値または日付/時刻列の場合には欠損値記号*が使用され、テキスト列では空白が使用されます。
比較または式の真/偽
式または比較が真の場合、結果は1に設定されます。偽の場合、結果は0に設定されます。<、<=、>、または>=の入力列に欠損値が含まれる場合、結果は欠損に設定されます。
保存された定数での日付/時刻値
保存された定数では、日付/時刻フォーマットの値は認識されません。日付/時刻値は内部で数値として保存されるため、定数に保存された日付/時刻値は、対応する日付/時刻値に相当する数値になります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください