タンジェント関数

この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

角のタンジェントは、コサインに対するサインの比です。直角三角形の鋭角の場合、タンジェントは、その鋭角を構成する辺の長さに対する鋭角の対辺の長さの比になり、ラジアン単位で測定されます。

角θのタンジェントは、比3/4または0.75です。

タンジェントは、サインが0になる角度(たとえば、π/2、-π/2)を除いて、原点から測定した単位円上の任意の角度θ(正方向のx軸から反時計回り)について計算できます。

構文

TAN(angle_in_radians)

angle_in_radiansには、ラジアンまたはラジアンの列を指定します。

計算機の式 結果
C1に1がある場合 TAN(C1) 1.557407724655

用途

タンジェントなどの三角関数は、定期的な現象をモデル化する際に使用できます。これらの関数は、電気工学、デジタル画像処理、X線撮影、熱力学、電気通信、および科学技術の他のさまざまな分野で高度な分析を実施するための基礎となっています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください