この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

直角三角形の鋭角のサインは、斜辺(右角の反対の長い辺)に対する鋭角の対辺の比で、ラジアン単位で測定されます。

角θのサインは比3/5または0.6です。

θのサインは、原点から角θの位置(正のX軸から反時計回りに測定)にある、単位円上の点のy座標としても定義されます。

構文

SIN(angle_in_radians)

angle_in_radiansには、ラジアンまたはラジアンの列を指定します。

計算機の式 結果
C1に1.5がある場合 SIN(C1) 0.997494986604

用途

波動や季節パターンなどの周期現象をモデル化するには、サインやその他の三角法関数を使用します。三角法関数は、電気工業、デジタル画像処理、X線、熱力学、電気通信の他、科学技術のさまざまな分野における高度分析の基礎となります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください