ハイパボリックアークコサイン関数

この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

値のハイパボリックアークコサインを計算します。双曲線三角法関数は、x2 – y2 = 1という方程式で表される双曲線(ハイパボリック)に基づきます。この関数は、x2 + y2 = 1という方程式で表される単位円に基づく標準の(円)三角法のものとは異なります。ただし、どちらもsinh2 x + cosh2 x = 1(hはハイパボリックを表す)などの類似の項等式を持ちます。

構文

ACSH(number)

numberには、値または値の列を指定します。

計算機の式 結果
C1に25がある場合 ACSH(C1) 3.911622765215

用途

ハイパボリック関数は、電気輸送(ケーブルや導線の長さ、重量、応力を計算する)、上部構造(吊橋の弾性曲線とたわみを計算する)、および航空宇宙(航空機の理想的な表面被膜を判断する)など、工学技術の分野において多くの応用に役立っています。統計では、逆ハイパボリックサインがJohnson変換で使用され、正規分布に従うようにデータを変換します。工程能力分析によっては、正規性を仮定する必要があります。

計算式

xに指定された値について、cosh x = (ex + e-x) / 2となります。hはハイパボリックを表し、eは2.718に近似される定数です。

逆関数はacsh x (cosh−1 x)となります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください