この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

幾何平均を計算します。幾何平均とは、加算ではなく乗算を使用してデータの平均を計算する中心傾向の測度です。n個の数値セットの場合、幾何平均はこれらの数値の積のn乗根です。たとえば、2、3、14という値の幾何平均は、(2 * 3 * 14)1/3 = (84)1/3 = 4になります。

構文

GMEAN(number)

numberに列番号を指定します。値はすべて0より大きくなければなりません。

計算機の式 結果
C1に6、3、15がある場合 GMEAN (C1) 6.4633040701

用途

積の因子の平均を計算する必要がある場合は、算術平均ではなく幾何平均を使用します。たとえば、1年目に8%、2年目に52%の収益がある投資の平均収益率を調べるには、幾何平均を計算します。(1.08 * 1.52)1/2 ≈ 1.28(平均収益28%)

統計では、応答の最適化での複合的な望ましさ、および正規分布のBartlettの検定統計量のサンプル分散を得るために幾何平均(重み付き)を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください