この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

入力列にあるデータを保存列にコピーします。各値を指定した行数ずつ下に移します。Minitabでは、最初の行または遅れ列の行に欠損値記号*が挿入されます。この関数は、マクロや計算式で便利です。

構文

LAG(number_or_text,[lag])

number_or_textには、入力列を指定します。lagには、データを下に移す行数を指定します。デフォルトでは、遅れの値を指定しないと、データは1行下に移されます(遅れ = 1)。

Minitabでは、保存列の空の行に欠損値記号*が挿入されます。

コールセンターの責任者が技術サポートでの受呼数の移動範囲を調べるとします。式LAG(C2)を入力し、結果をC3に保存します。次に、「呼の数」列から「遅れ値」列を引いて結果をC4に保存することで、日によって呼の量に変動があるかどうかを確認できます。

C1 C2 C3
呼の数 遅れ値 変動
275 * *
325 275 50
584 325 259
658 584 74
874 658 216
412 874 −462
697 412 285
232 697 −465
514 232 282
498 514 −16
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください