この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

二項データの分散を安定させるためにFreeman-Tukey変換を実行します。たとえば、回帰モデルまたは分散分析モデルの仮定が満たされるように属性データを変換できます。

構文

FTP(試行、事象)

列または保存された定数として、試行回数と事象回数を指定します。試行回数は正の整数、事象回数は0~試行回数以内の整数でなければなりません。

ソフトウェア開発者がさまざまな音声サンプルを使い、音声認識ソフトウェアによって理解される単語の比率を追跡しているとします。回帰分析または分散分析を行う前に分散を安定させ、データの分布を正規化するために、試行回数に対する事象数の比率を変換します。式FTP(C1,C2)を入力し、結果をC3に保存します。

C1 C2 C3
単語(試行)の総数 理解された単語(事象)の数 比率の変換
260 78 0.58047
160 24 0.40072
335 67 0.46476
100 22 0.49152
75 69 1.27422
525 273 0.80537

計算式

試行回数(n)と成功回数(x)を入力すると、次の式を使用してデータが変換されます。

Bisgaard, Soren and Howard T. Fuller (1994) Quality Quandaries, Analysis of Factorial Experiments with Defects or Defectives as the Response, Quality Engineering, 7(2), 429–443.

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください