この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

指定した小数桁数に応じて、数値を切り上げます。たとえば、2.3572という数は次のように四捨五入できます。
  • 2。直近の整数に四捨五入した場合
  • 2.4。小数点以下1桁(直近の小数点第1位)の数に四捨五入した場合
  • 2.36。小数点以下2桁(直近の小数点第2位)の数に四捨五入した場合
  • 2.357。小数点以下3桁(小数点第3位)の数に四捨五入した場合
ヒント

切り下げるには、切り捨て関数を使用します。切り上げるには、切り上げ関数を使用します。

構文

ROUND(number,decimals)

numberには、切り捨てる数値または数値の列を指定します。decimalsには、切り上げる位置を指定します。
  • decimals = 0の場合は、最も近い整数になるように数値を四捨五入します。
  • decimals > 0の場合は、小数点以下が指定した桁数となるように数値を四捨五入します。
  • decimals < 0の場合は、指定した数の絶対値に1を足した、小数点の左側の位置で四捨五入します。

計算機の式 結果
ROUND (2.136, 0) 2
ROUND (2.136, 1) 2.1
ROUND (2.136, 2) 2.14
ROUND (−2.136, 1) −2.1
ROUND (253.6, −1) 250
ROUND (253.6, −2) 300

列の値を四捨五入して同じ列内に結果を保存すると、値を元の完全な小数表記に戻すことはできなくなります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください