トピック ID 2177

Minitabライセンスマネージャが使用するネットワークポート番号を指定または変更する方法

ライセンスマネージャがWindowsコンピュータで実行されている場合は、ライセンスファイルのSERVER行でポート番号を指定することにより、Minitabライセンスマネージャ(lmgrd.exe)の固定ポート番号を設定できます。
  1. メモ帳でminitab.licを開きます。
  2. SERVER行のMACアドレスの後に、スペースを1つ挿入して使用するポート番号を入力します。たとえば、ポート27009を指定するには、「SERVER this_host 00118C202559 27009」と入力します。

    指定するポート番号は、27000から27009の範囲にする必要があります。

  3. minitab.licを保存して閉じます。
  4. 存在するすべてのファイアウォールで指定したポートが開いていることを確認します。
  5. 次のいずれかの手順を実行して、Minitabライセンスマネージャを再起動します。
    • Windows 10では、検索ボックスに「services.msc」と入力してEnterキーを押します。
    • Windows 8では、[スタート画面]エリアに移動し、「services.msc」と入力して、Enterキーを押します。
    • Windows 7では、Windowsロゴ([スタート])をクリックして、[コントロール パネル] > [システムとメンテナンス] > [管理ツール] > [サービス]を選択します。
  6. [Minitabライセンスマネージャ]を右クリックして、[再起動]を選択します。

ファイアウォールを使用している場合は、ベンダーデーモンの固定ポート番号を設定することもできます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください