2 値ロジスティック回帰分析

2値ロジスティック回帰を使用して、1組の予測変数と1つの2値応答の関係を説明します。

2値応答には、合格や不合格などの2種類の結果があります。相互作用と多項式項を含め、段階的な回帰を実行し、異なるリンク関数に適合し、テストサンプルまたは交差検証を使用してモデルを検証できます。

たとえば、シリアル製造会社の市場担当者が新しいシリアルの広告キャンペーンの有効性を調べるとします。担当者は2値ロジスティック回帰を使用して、広告を見る人たちがシリアルを購入する可能性が高くなるかどうかを判断できます。例を参照するには、Minitab ヘルプ:2値ロジスティックモデルの適合の例に移動します。

2値ロジスティック回帰分析からの出力を追加するには、 フォームを追加して入力するに進みます。

データに関する考慮事項

応答変数(Y)は2値である必要があります。2値応答には、合格や不合格などの2種類の結果があります。予測変数(X)は連続またはカテゴリのどちらでも構いません。さらなる詳細については、Minitab ヘルプ:2値ロジスティックモデルの適合のデータに関する考慮事項を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください