1標本仮説検定

1 サンプル仮説検定を使用して、1 つのサンプルを仮説値と比較します。

1 サンプル仮説検定の出力を追加するには、に進みます。

1 サンプルの比率

二項母集団比率を推定する場合、および比率を目標値または参照値と比較するには、1 サンプルの比率検定を使用します。

たとえば、新しい設定によって不良率が大きく変化するかどうかをテストできます。例を参照するには、Minitab ヘルプ:1 サンプルの比率の例に移動します。

データに関する考慮事項

データには、合格・不合格などの 2 種類のカテゴリのみを含めることができます。詳細については、Minitab ヘルプ:1 サンプルの比率のデータに関する考慮事項を参照してください。

1 サンプル t

母集団の平均を推定する場合、および母集団の標準偏差がわからない場合に母集団の平均を目標値または参照値と比較するには、1 サンプル t 検定を使用します。

たとえば、管理された改善プロセスからの平均出力がプロジェクト前平均と異なるかどうかをテストできます。例を参照するには、Minitab ヘルプ:1 サンプル t の例に移動します。

データに関する考慮事項

データはある程度連続である必要があります。1サンプルt検定は、特にサンプルサイズが大きい場合 (n > 25) に正規性仮定の違反に対してロバストです。さらなる詳細については、Minitab ヘルプ: 1 サンプル t のデータに関する注意事項を参照してください。

1 サンプル Wilcoxon

母集団中央値を推定するか、目標値または参照値と比較するには、1 サンプル Wilcoxon 検定を使用します。 この検定は、1 サンプル t 検定の代替であり、データが合理的に正規でない場合に使用されます。

たとえば、管理された改善プロセスからの平均出力がプロジェクト前平均と異なるかどうかをテストできます。例を参照するには、Minitab ヘルプ:1 サンプル Wilcoxon の例に移動します。

データに関する考慮事項

データは、Y (出力) の連続値である必要があります。一様分布やCauchy 分布などの対称分布からデータを抽出する必要があります。対称分布から抽出されたデータではない場合は、1 サンプル符号検定を使用してください。さらなる詳細については、Minitab ヘルプ:1 サンプル Wilcoxon のデータに関する注意事項を参照してください。

1 サンプルの分散検定

母集団の分散または標準偏差を推定する場合、およびその値を目標値または参照値と比較するには、1 サンプルの分散検定を使用します。

たとえば、品質分析者が1 サンプルの分散検定を使用して、出荷する未処理の材木の含水率が高すぎるかどうかを判断するとします。例を参照するには、Minitab ヘルプ:1 サンプルの分散の例に移動します。

データに関する考慮事項

データは連続したY (出力) 値である必要があります。さらなる詳細については、Minitab ヘルプ:1 サンプルの分散のデータに関する考慮事項を参照してください。

1 サンプル符号

母集団中央値を推定するか、目標値または参照値と比較するには、1 サンプル符号検定を使用します。 この検定は、1 サンプル t 検定の代替であり、データが合理的に正規でない場合に使用されます。

たとえば、管理された改善プロセスからの平均出力がプロジェクト前平均と異なるかどうかをテストできます。例を参照するには、Minitab ヘルプ:1 サンプル符号の例に移動します。

データに関する考慮事項

データは、Y (出力) の連続値である必要があります。1 サンプル符号検定は、他の選択肢ほど検出力が高くありません。
  • 1 サンプル t 検定は、データが適度に正規である場合 (またはサンプルサイズが大きい場合) に使用します。
  • データが合理的に対称である限り、1 サンプル t 検定の代わりに 1 サンプル Wilcoxon 検定を使用します。
  • 最後の拠り所として 1 サンプル符号検定を使用します。
さらなる詳細については、Minitab ヘルプ:1 サンプル符号のデータに関する考慮事項を参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください