プロジェクト優先度マトリックス

プロジェクト優先度マトリックス フォームを使用して、最適なプロジェクトに優先順位を付けます。プロジェクト優先度マトリックス は、潜在的なプロジェクトを加重基準に照らして評価します。

Workspace は各プロジェクトの合計値を計算し、完了の容易さの数に照らしてプロットし、費やす労力に対して最も価値の高いプロジェクトを特定します。

プロジェクト優先度マトリックス は以下の質問に答えます。
  • 提案されたプロジェクトは、キャッシュフロー、サイクルタイム、コスト削減、在庫回転、生産能力、環境上のメリット、顧客満足度などの企業のメトリックにどのような影響を与えるか?
  • どのプロジェクトが高い利益をもたらし、完了するのが簡単か?
  • プロジェクトの優先順位は、会社のメトリックの重み付けに依存するか?

使用方法

  1. 改善するすべてのプロジェクト選択基準のリストを作成します。たとえば、貯蓄、キャッシュフロー、サイクルタイムの短縮について考慮します。
  2. 潜在的なプロジェクトのリストを作成します。
  3. マトリックスの左側にプロジェクトを入力し、上部に選択基準を入力します。
  4. すべての選択基準に重み係数を適用します。通常、1~10 のスケールを使用して、選択基準に重みを付けます。たとえば、キャッシュフローを 9 に設定し、能力を 2 に設定します。
  5. チームで、各選択基準を基準として各プロジェクトのスコアを決定します。通常、スコアには 1~10 のスケールが使用されます。
  6. 製品をクロス乗算して合計し、プロジェクト別の加重値を取得します。
  7. 各プロジェクトに完了易度の値を割り当て、グラフを調べます。

プロジェクト優先度マトリックス を完了したら、新しい潜在的なプロジェクトを追加し、組織の優先順位の変更を反映するようにプロジェクト値の重みを変更することで、プロジェクトを更新できます。

詳細については、フォームを追加して入力する を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください