ソリューション望ましさマトリックス

ソリューション望ましさマトリックス フォームを使用して、重み付き選択基準を使用して提案されたソリューションを評価します。

ソリューションまたは改善提案は、組織の改善目標にどの程度適合しているかに基づいて採点されます。

使用方法

ソリューション望ましさマトリックス をチームとして完了します。

  1. 組織改善目標のリストを作成します。
  2. 潜在的な改善ソリューションのリストを作成します。
  3. マトリックスの左側に改善ソリューションを入力し、マトリックスの上部に改善目標を入力します。
  4. 各改善目標に重み係数を適用します。1~9 のスケールを使用して、選択基準の重要度に重みを付けます。最も重要でない基準には 1 を使用し、最も重要な基準には 9 を使用します。
  5. チームの入力に基づいて、各ソリューションが各選択基準にどの程度適合しているかを評価します。1~9 のスケールを使用して、ベースラインを採点します。一致が不十分な場合は 1 を使用し、条件に強く一致する場合は 9 を使用します。
  6. Pareto チャート上の各選択肢のスコアを調べます。

詳細については、フォームを追加して入力する を参照してください。

追加のガイドライン

ピューマトリックス は、ソリューション望ましさマトリックスと似ています。どちらのツールも、競合する提案のリストから最適な提案を選択するのに役立ちます。アプリケーションに最適なツールを選択してください。
ピューマトリックス
  • 各代替案が各選択基準のベースライン提案とどの程度一致しているかを比較します。
  • 特定の選択基準のベースラインよりも悪い代替案に、その選択基準の重要度評価に等しい値でペナルティを科します。少し悪いことと、劇的に悪いこととの区別はありません。
  • 特定の選択基準のベースラインよりも優れた代替案に、選択基準の重要度評価に等しい値で報酬を与えます。少し良いことと、劇的に良いこととの区別はありません。
  • 各代替提案が同じベースラインと比較されるため、提案の数と選択基準が多い場合に、より簡単で一貫性をもって使用できます。
ソリューション望ましさマトリックス
すべての提案が選択基準にどの程度一致しているかを評価し、より良い提案に対してはるかに高いスコアを作成します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください