バリューストリームマップの比較

バリューストリームマップの比較 フォームを使用して、現在の状態のバリューストリームを将来の状態と比較します。バリューストリームマップを使用することでサイクルタイムに焦点を当て、無駄を特定できるため、これはすべてのリーンプロジェクトで重要なツールです。
バリューストリームマップの比較 は以下の質問に答えます。
  • 現在の状態の総付加価値はいくらか?
  • 将来の状態の総付加価値はいくらか?
  • プロセスのどのステップが価値を付加し、どのステップが価値を付加しないか?
  • 現在の状態で価値を付加しなかったステップは、将来の状態で削除または変更されたか?

使用方法

プロセスマップからすべてのステップを選択するか、2 つのプロセスの等価の部分を選択します。そうしないと、不完全で潜在的に不均衡なデータの使用によって比較に偏りがでます。

  1. 現在の状態の各ステップについて、リーンデータ (VA および NVA) を含むバリューストリームマップが必要です。
  2. 将来の状態の各ステップについて、リーンデータ (VA および NVA) を含む 2 番目のバリューストリームマップが必要です。
  3. 現在の状態マップ テーブルで、現在の状態マップを選択し、追加する図形データを選択します。大抵の場合、すべての図形が付加価値と非付加価値の合計パーセンテージに寄与します。
  4. 未来の状態マップ テーブルで、将来の状態マップを選択し、追加する図形データを選択します。大抵の場合、すべての図形が付加価値と非付加価値の合計パーセンテージに寄与します。

詳細については、フォームを追加して入力する を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください