カイゼンイベント リスクアセスメント

カイゼンイベント リスクアセスメント フォームを使用して、Kaizen イベントを予定どおりに完了できるかどうかを評価します。
カイゼンイベント リスクアセスメント は以下の質問に答えます。
  • 潜在的なイベントの範囲はどのくらいか?
  • イベントは予測どおりに無駄を排除または削減するか?
  • イベントに必要なリソースは利用できるか?機器のニーズ、外部組織からのサポート、およびチームリソースの可用性を考慮します。
  • 規制当局の承認など、現地で管理できない潜在的な問題はあるか?

使用方法

カイゼンイベント リスクアセスメント をチームとして完了します。チームメンバーがプロセスのさまざまな機能を代表していることを確認します。

  1. 評価基準は 4 つのカテゴリーに分かれています。
    • イベントの範囲
    • 展開
    • チームリーダー
    • イベントの閉鎖と利益
  2. 各カテゴリには、定義済みのリスク要因が含まれています。プロセス改善リーダーシップチームは、リスク要因のリストに変更を加えることができます。
  3. リーダーシップチームは、各リスク要因を定義し、重みを割り当てます。
  4. 次の値を使用して、イベントに対する各リスク要因の影響を評価して数字で表します。
    • はい = 1
    • 多分 = 3
    • かもしれない= 4
    • 多分ない = 5
    • いいえ = 10
    たとえば、明確に識別された顧客のないイベントのリスク要因評価は「いいえ」になり、そのリスク要因の重みの10倍のスコアになります。
  5. 数字を合計して、イベントをタイムリーに完了しないリスクを反映した合計リスク評価値を取得します。

詳細については、フォームを追加して入力する を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください