クイック入力を適用する

クイックフィル数値ボックス または データ入力テーブル コントロールに テキストボックス を適用できます。

クイックフィル モードのフォームコントロールに デザイン を 適用する場合、 記入する モードのユーザーは クイックフィル ボタンを選択し、値のリストから選択して、より高速で一貫性のあるデータ入力を実現します。

  1. デザイン モードでは、編集するフォームコントロールをダブルクリックします。
  2. プロパティ(R) ダイアログボックスで、 クイックフィル タブを選択し、次のいずれかのオプション(使用可能な場合)を選択します。
    データソースクイックフィル

    値のリストは、データフィールドが接続されているデータソース (例えば、 名前(N) カテゴリー内の チームメンバー フィールド) によって定義されます。

    カスタムリストクイックフィル

    値のリストは デザイン モードで定義されます。

    列クイックフィル

    値のリストは、ユーザーが 記入する モードで値を入力するときに定義されます。

    ペアワイズクイックフィル
    テーブルの行と列の値を、交差するセルに表示します。このオプションは、次の条件が満たされている場合にのみ使用できます。
    • テキスト ボックスまたは数値ボックスは、データ入力テーブルの交差する行と列にあります。
    • 行と列は同じデータテーブルに接続されます。
    • 各行には、対応する同等の列があります。これは同じフィルター条件が適用されている場合にのみ発生します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください