データフィールドの種類

データフィールドを作成するときに、次のフィールドの種類から選択できます。

他のフォームとデータを共有するには、データフィールドをフォームコントロールに接続します。詳細は、フォームコントロールを挿入する を参照してください。

リスト (テキスト値)

ユーザーが選択できるテキスト値を指定するために使用します。テキストリストの値は、次の方法で使用します。
  • ダッシュボードでは、たとえば、各部署ごとの合計有形節減効果など、要約の値をグループ化するのに使用します。
  • ダッシュボードでは、フィルターとして使用すると、たとえば、東部および南部のすべてのプロジェクトが表示されます。
  • フォームでは、テキストリストをドロップダウンコントロール、オプションコントロール、またはリストコントロールに接続します。
ユーザーが意図的に選択しなかった値をプロジェクトが報告しないように、空白行をデフォルト値として保持できます。

リスト (数値)

ユーザーが選択できる数値を指定するために使用します。数値リスト値は、次の方法で使用します。
  • 数式への入力として使用するために、テキスト値を数値に変換して使用します。たとえば、数値式では、「yes」は 1 に等しく、「no」は 0 に等しくなります。
  • フォームでは、数値リストをドロップダウンコントロール、オプションコントロール、またはリストコントロールに接続します。

テキスト

データがテキスト文字列で、改行や段落がない場合に使用します。テキスト値は、次の方法で使用します。
  • ユーザーが改行や段落を含む複数行のテキストを入力できるようにするには、代わりにメモフィールドを選択します。
  • ユーザーを定義済みの値のリストに制限するには、代わりにリストフィールドを選択します。
  • フォームでは、テキストフィールドをテキストボックスコントロールに接続します。

メモ

メモ値は、次のような方法で使用します。
  • データが改行や段落を含む複数行のテキストである場合に使用します。
  • フォームでは、メモフィールドをメモコントロールに接続します。

リッチテキスト

リッチテキスト値は、次の方法で使用します。
  • 単一値データが箇条書き、太字、下線、色などとして書式設定されている場合に使用します。
  • 単一値データが画像の場合に使用します。画像はダッシュボードに表示できません。
  • フォームでは、リッチテキストコントロールに接続します。

日付

データが日付の場合に使用します。日付値は、次の方法で使用します。
  • 短い日付形式または長い日付形式から選択します。
  • フォームでは、日付フィールドを日付ピッカーコントロールに接続します。

小数

データが 10 進数またはパーセンテージの場合、またはユーザーが科学的記数法を入力する必要がある場合に使用します。小数点以下の桁数を指定した場合、保存および表示される小数点以下の桁数の最大数は 9 です。小数点以下の桁数を指定しない場合、保管および表示される小数点以下の桁数の最大数は 15 です。ユーザーは、設定した最小値/最大値内の任意の数を入力できます。10 進値は、次の方法で使用します。
  • ユーザーを定義済みの数値リストに制限するには、代わりにリストフィールドを選択します。
  • フォームでは、10 進数フィールドを数値ボックスコントロールに接続します。

整数

データが整数の場合に使用します。ユーザーが少額通貨を入力するのを防止できるため、財務データによく使用されます。ユーザーは、設定した最小値/最大値内の任意の数を入力できます。整数値は、次のような方法で使用します。
  • ユーザーを定義済みの数値リストに制限するには、代わりにリストフィールドを選択します。
  • フォームでは、整数フィールドを数値ボックスコントロールに接続します。

(数値)

データが数式の結果の数値である場合に使用します。数値式の値は、次の方法で使用します。
  • 数式は、他のフィールドを使用して結果を生成します。たとえば、一部の数式では、財務フィールドを加算または減算できます。
  • フォームでは、数値フィールドを数値ボックス コントロールに接続します。

詳細については、数式関数 を参照してください。

(テキスト値)

数式の結果をテキストとして返すために使用します。テキスト数式の値は、次の方法で使用します。
  • 最も一般的には、連結、左、右などのテキスト数式関数で使用されます。
  • フォームでは、テキスト数式をテキストボックスコントロールに接続します。

詳細については、数式関数 を参照してください。

(日付値)

別の日付値に基づいて日付値を計算する必要がある場合に使用します。テキスト数式の値は、次の方法で使用します。
  • 日付は日数で測定されます。そのため、開始日の 2 週間後の日付を計算する場合、数式式は [開始日] + 14 になります。
  • DATE() 関数を使用して、日、月、および年のコンポーネントから日付を作成します。
  • フォームでは、日付ピッカーコントロールに接続します。

詳細については、数式関数 を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください