反復

モンテカルロ・シミュレーションを実行する場合、Workspace が入力分布からサンプルを実行して出力の推定値を計算する回数。Nとも呼ばれます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください