フォーム内の変数を操作する

フォームについて学ぶ

Workspace には、プロジェクトに関するデータを収集できるように、いくつかの種類のフォームが用意されています。通常、ユーザーはフォームにデータを入力しますが、他のツールやプロジェクト間でデータが共有されることがあります。

Workspace のすべてのフォームの詳細については、利用可能なフォームを参照してください。

C&E マトリックスを追加する

ブレインストーミングツールで変数を特定し、プロセスをマッピングしたら、C&E マトリックスを追加して潜在的な変数を評価し、優先順位を付けることができます。

  1. ナビゲーターペインで、ツールを追加C&E マトリックス (X-Y マトリックス) の順で選択します。
  2. 既存の X 変数を追加するには、行にポインタを置き、追加/削除ボタンを選択し既存の X 変数を選択 を選択します。 ツールのリストを参照するか、検索 ボックスにツール名を入力します。
  3. データ選択 ダイアログボックスで、ブレインストーミングツールで識別し、プロセスマップに追加したX変数を選択します。
  4. 新しい Y 変数を追加するには、列にポインタを置き、追加/削除ボタンを選択してから新しい Y 変数の作成 を選択します。 複数の列を追加し、挿入ポイントの右側または左側に追加するかを指定できます。
  5. マトリックスを完成させます。 フィールドと表のセル間を移動するには、タブ キーを押します。
    C&E マトリックス (X-Y マトリックス) にデータを追加すると、Workspace によって パレート図 が作成されます。
  6. パレート図 を確認して、どの X 変数が工程に最も影響を与える可能性があるかを判断します。
    加重値は左側の Y 軸にあり、パーセンテージは右側の Y 軸にあります。

管理計画 を追加する

対処すべき問題領域を特定したら、コントロールプランを使用して、管理する重要な入力と監視する出力のリストを作成できます。また、これらの変数を管理および監視するために使用できるツールのリストを作成することもできます。

  1. ナビゲータペインで、ツールを追加 を選択してから、管理計画 を選択します。
  2. プロセスに影響を与える可能性のある X 変数を入力します。X 変数を追加するには、行にポインタを置き、追加/削除ボタンを選択してから新しいX変数を作成する を選択します。
  3. また、プロセスマップやブレインストーミングツールなど、他のツールで既に作成した変数を選択することもできます。既存の X 変数をコントロールプランに追加するには、行にポインタを置き、追加/削除ボタンを選択します。それから X 変数を選択します。
  4. フォームに入力します。

次の作業

モンテカルロ・シミュレーションツールを使用して、ランダムなデータサンプルから複雑なシステムやプロセスの動作を評価する方法について学びます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください