ブレインストーミングツールを使用する

ブレインストーミングツールについて学ぶ

Workspace は、ブレインストーミングツールのいくつかの種類を提供しています。

特性要因図を使用して、特定の特性の考えられる要因をブレインストーミングします。

CTツリーを使用して、顧客のニーズを満たす方法を特定します。CTツリーを使用すると、クリティカルトゥクオリティステートメントに関する入力をブレインストーミングできます。

アイデアマップは、汎用のブレいンストーミングに使用します。アイデアマップを使用すると、中心的な質問に関するアイデアをブレインストーミングできます。

マインドマップを使用して、関連するアイデアや概念を整理します。マインドマップを使用すると、中心的なトピックに関するアイデアをブレインストーミングできます。

ブレインストーミングツールを追加する

ブレインストーミングツールを追加して、思考をすばやく生成し、視覚的に整理します。

  1. ナビゲータペインで、ツールを追加 を選択し、ブレインストーミングツールテンプレートを選択します。 ツールのリストを参照するか、検索 ボックスにツール名を入力します。
  2. 作成(R) を選択して、ツールをプロジェクトに追加します。

ブレインストーミングリストを生成する

ブレインストーミングツールでは、作業ウィンドウに項目を入力するか、プロジェクト内の他のツールから変数をインポートすることで、ブレインストーミングリストをすばやく生成できます。

  1. ブレインストーミングツールで、表示(V) > タスクペインを選択します。
  2. 作業ウィンドウで、項目を入力し、入るを押します。
  3. リスト内の1つ以上の項目を選択し、図の図形にドラッグします。 図から項目をドラッグしてリストに戻すこともできます。
    ヒント

    他のツールの変数をブレインストーミングリストにインポートするには、作業ウィンドウで Y変数のインポート または X変数のインポート を選択し、データ選択 ダイアログボックスで、インポートする変数を選択します。

図形から X 変数と Y 変数を作成する

ブレインストーミングリストから図の図形に項目をドラッグした後、図形からX変数とY変数を作成できます。図形から変数を作成するときは、後でその変数をプロセスマップ上の図形に追加したり、フォーム内のテーブルに追加してさらに分析したりできます。この例では、ブレインストーミングリストで生成した項目を含む図形からX変数を作成します。

  1. ブレインストーミングツールで、ブレインストーミングリストからの項目を含む図形を選択し、右クリックして X変数を作成を選択します。
  2. 変数を作成 ダイアログボックスが表示されたら、OK を選択します。 Workspace は、図形にドラッグしたリスト項目から変数を作成します。
この新しい変数は、次の章で説明するプロセス マップ上の図形に追加するまで、マップ解除されます。

次の作業

アイデアを生成し、ブレインストーミングツールの図形から X 変数を作成したので、プロセスマップを使用してプロセスをマッピングします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください