プロセスをマップする

マップについて学ぶ

Workspace はいくつかの種類のマップを提供しています。
プロセスマップ

プロセスマップを使用して、順次フローと、プロセスまたは手順内のステップの関係を示します。

部門横断的プロセスマップ

部門横断的プロセスマップを使用して、プロセスまたは手順が部門やフェーズをまたいでいるときの順次ステップを示します。部門 (スイムレーンとも呼ばれる) は、ステップを水平に分割します。フェーズはステップを垂直に分割します。

バリューストリームマップ

バリューストリームマップを使用して、マテリアルと情報がバリューストリームをどのように流れるかを示します。現在の状態値ストリーム マップは、無駄を特定し、改善された将来の状態を思い描くのに役立ちます。

ジャーニーマップ

ジャーニーマップを使用して、ユーザーがタスクを実行するときに通過するプロセスを示します。

プロセスマップを追加する

プロセスマップツールを追加して、プロセスの流れを記述します。

  1. ナビゲータペインで、ツールを追加 を選択してから プロセスマップ を選択し、使用可能なプロセスマップテンプレートを表示します。 また、ツールのリストを参照したり、検索 ボックスにツール名を入力したりすることもできます。
  2. 作成(R) を選択して、ツールをプロジェクトに追加します。

図形とコネクタを追加する

図形 ギャラリーから、次の手順を実行できます。

  1. 図形を追加します。
    1. 開始図形を選択し、ワークスペースを選択します。図形が選択されているときに、開始図形を識別するテキストを入力します。
    2. 決定図形を選択し、ワークスペースを選択します。図形が選択されているときに、決定図形を識別するテキストを入力します。
  2. 図形同士を接続します。
    1. 直角コネクタを選択してから、開始図形の上にポインタを置いたままにします。
    2. 開始図形にアンカーポイントが表示されたら、アンカーポイントを選択し、決定図形のアンカーポイントにドラッグします。 アンカーポイントは、マップ上で図形を移動しても、図形の接続を維持します。
  3. プロセスのマッピングを続行します。
ヒント

同じ図形を複数回追加するには、マルチ挿入 ボタンを選択し、ギャラリーで図形を選択してから、図形を表示するマップを選択します。必要な数の図形を追加するまで、マップの選択を続けます。マルチ挿入 をもう一度選択してオフにします。マルチ挿入 コネクタと一緒に使用することもできます。

図形に変数を追加する

X変数、Y変数、リーンデータ、およびプロセスデータをプロセスマップ上の図形に追加、コピー、および移動することで、各ステップの結果に影響を与える変数をより深く理解できます。

前の章では、ブレインストーミングツールの図形からX変数を作成しました。これで、そのX変数をプロセスマップ上の図形に移動できます。

  1. プロセスマップで図形を選択します。
  2. 作業ウィンドウで、変数 タブを開きます。X - 入力変数 で、移動 を選択します。
  3. データ選択 ダイアログボックスで、変数を選択してから、OK を選択します。 変数名が作業ウィンドウに表示されます。

マップ上にデータを表示する

図形にデータを追加した後、マップ上にデータを表示して、どこに注意を向けるべきかを確認できます。

  1. 図形を右クリックして、図形データ(H) > 図形データの選択と配置(R)を選択します。
  2. 図形データの選択と配置(R) ダイアログ ボックスで、選択した図形を基準にして配置する変数データフィールドを選択します。 たとえば、X変数で、名前(N) を図形にドラッグして配置し、OK を選択します。
    この例では、変数名が図形の上に表示されます。

次の作業

プロセスをマップしたので、フォームを使用してプロセスに影響を与える変数を評価し、問題に対処するためのプランを策定できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください