の紹介 Minitab Workspace®

Workspace について学ぶ

Workspace は、ビジュアルツール、フォーム、およびテンプレートの包括的なセットです。1つのツールを開き、必要な数のツールを追加して、それらをすべて1つのプロジェクトに保存できます。DMAICQFD、Just Do It、Kaizen.など、品質向上の方法論に基づいたロードマップを組み込んだプロジェクトを開くことも可能です。

すべてのツールを1か所にまとめることで、ツールやプロジェクト間でデータを共有できるため、より効率的に作業し、機会を特定し、複雑なイニシアチブを理解し、最終的に問題を解決することが容易になります。

このガイドについて学ぶ

このガイドでは、Workspace で最もよく使用されるツールのいくつかを紹介します。このガイドを使用して、以下のタスクを完了する方法を学習します。
  • ツールまたはプロジェクトを開きます。
  • 特性要因図を挿入し、ブレインストーミングリストを生成し、リストから変数を作成します。
  • プロセスマップ、部門横断的マップ、およびバリューストリームマップを使用して、プロセスをマップします。
  • フォームを開き、データを入力および共有します。
  • モンテカルロ・シミュレーションを追加し、その概念に慣れてください。

プロジェクトを開く

ロードマップを持つプロジェクトを開くことができます。ロードマップは、プロジェクトのフェーズと、各フェーズで使用するツールとフォームを定義します。定義済みのロードマップの方法論に従うことも、定義したロードマップに基づいてカスタムプロジェクトを作成することもできます。

  1. Workspaceを開くには、ショートカットアイコンをダブルクリックします
  2. 新規 を選択してから、プロジェクトを選択します。 プロジェクト の下にプロジェクトテンプレートがあります。

ロードマップがあるプロジェクト

次の図は、ナビゲーターウィンドウにロードマップがあり、ワークスペースにプロセスマップがあるプロジェクトの例を示しています。
プロジェクトには、次のコンポーネントを含めることができます。
1:ナビゲーターペイン
プロジェクト内の管理ツールとロードマップツールにアクセスする領域。
2:[管理] セクション
ビジネスユニット部門場所 などのすべてのプロジェクトに共通する、プロジェクトデータを含むプロジェクトテンプレート内のフォームのセット。これらのフォームにより、プロジェクトデータがすべてのプロジェクトで一貫して収集されます。
3:ロードマップ
ツールとフォームを追加し、プロジェクトをフェーズに編成する領域。
4:ワークスペース
ツールを表示および編集する領域。
5:作業ウィンドウ
ワークスペース内のアイテムを操作する領域(図形へのデータの追加、書式設定の適用など)。

ツールを開く

1つのツールを開いてすばやく分析し、必要に応じてツールを追加できます。ツールは1つのプロジェクトにまとめて格納されるため、データを共有できます。

  1. Workspaceを開くには、ショートカットアイコンをダブルクリックします
  2. 新規を選択してから、共通ツールのリストからツールを選択します。すべてのツールのリストを表示するには、ツールの完全なリストを表示を選択します。 このリンクは、ツールギャラリーの下にあります。

次の作業

さあ、始めましょう!
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください