の全体的な工程能力測度の方法と計算式 工程能力分析(ノンパラメトリック)

全体の工程能力測定

Cnp
Cnpl
Cnpu
Cnpk
Cnpk = min{Cnpl, Cnpu}

表記

用語説明
USL上側規格限界
LSL下側規格限界
η工程中央値
Xpu許容範囲からの上位経験的百分位数
Xpl許容範囲からの経験的パーセンタイルが低い

経験的百分位数

分析では、経験的百分位数を使用して、プロセスの広がりを推定します。まず、分析では許容値を使用して、計算する百分位数を見つけます。

ここで、 Z は標準正規分布からの百分位数、 T は許容誤差です。たとえば、許容誤差が 6 の場合、pU = P(Z < 3) = 0.99865.許容誤差が 6 の場合、pL = P(Z < −3) = 0.00135.規格限界が2つの工程では、許容差6はデータの約99.7%をカバーします。

次に、分析はデータから経験的百分位数を計算します。

表記
用語説明
p100で割った、目的の百分位数以下のデータのパーセント
Xyデータが最小から最大にソートされたときのデータの y番目の
ywの切り捨てられた値
wp(N + 1)
N非欠損データを含む行の数
zw – y

参考文献

McCormack, D. W., Harris, I. R., Hurwitz, A., M., & Spagon, P. D. (2000). Capability indices for non-normal data. Quality Engineering, 12(4), 489-495.