行列散布図を使用して、複数の変数ペアの関連性を一度に評価します。行列散布図とは、散布図の配列です。行列散布図には、次の2つのタイプがあります。各Y対各Xの行列散布図

プロット行列

このタイプの行列散布図は20までの変数を受け入れて、可能なすべての組み合わせに対するプロットを作成します。多くの変数があるときに変数ペア間の関係を調べたい場合はプロット行列が有効です。

たとえば、ビジネスアナリストは、複数のビジネス指標間の関係を調べるために行列散布図を作成します。プロットは、顧客数、収益率、事業年数のすべての組み合わせを表示します。

各Y対各X

このタイプの行列は、Y軸変数とX軸変数を使用して、可能な各XYの組み合わせに対するプロットを作成します。各Y対各X行列散布図は、特定の変数ペア間の関係にのみ興味があるときに有効です。

たとえば、ビジネス分析者は、各Y対各Xの行列散布図を作成して、売上高と収益率に対する顧客数の効果、売上高と収益率に対する事業年数の効果を調べます。

このグラフの場所

行列散布図を作成するには、グラフ > 行列散布図を選択します。

代替グラフを使用する場合

変数の各ペア間のピアソン相関係数をカラーグラデーションで視覚的に比較する場合は、代わりにコレログラムを使用することを検討してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください