ビン分割散布図のデータを入力する

グラフ > ビン分割散布図

x変数とy変数を入力し、グラデーションを定義してグラデーションタイプを選択します。

Y変数X変数を入力します。

Y変数に、解析または予測する列を入力します。X変数に、Y変数の変化を解析または予測し得る、対応する列を入力します。両方の列は数値で、行数が同じでなければなりません。

ワークシートにおいて、債務比率はY変数で、年齢はX変数です。グラフでは、負債比率と年齢の関係が示されます。

C1 C2
年齢 負債比率
45 0.80298
40 0.12188
38 0.08511
... ...

グラデーションの定義方法を選択する

ビン分割散布図のビンのカラースケールを定義する方法を選択します。

ビン分割されたデータの頻度
ビン内の観測値数の数でグラデーションスケールを定義する場合に選択します。

この例では、180以上の観測値を持つビンは暗い赤色です。60個以下の観測値を持つビンは暗い青色です。60~180個の観測値を持つビンは、明るい青色、赤色、灰色の色合いです。

変数の平均
3番目の変数の値でグラデーションスケールを定義する場合に選択します。

この例では、3番目の変数のすべての観測値の平均値が5より大きい場合、ビンは暗い赤色です。3番目の変数のすべての観測値の平均値が1未満の場合、ビンは暗い青色になります。平均値が1から5のビンは、明るい青色、赤色、灰色の色合いになります。

グラデーションタイプを選択します。

ビンのカラースケールを選択します。
発散
値が高いビンは赤色で、値が低いビンは青色です。
低から高に順次
値が高いビンは暗い青色で、値が低いビンは明るい青色と明るい灰色です。このオプションを使用すると、生産性の高いビンを強調表示したり、収益を最大化することができます。
高から低に順次
値が低いビンは暗い青色で、値が高いビンは明るい青色と明るい灰色です。このオプションを使用して、欠陥率の低いビンを強調表示したり、コストを最小限に抑えたりすることができます。

周囲のグラデーション対称値 (オプション)

特定の値でグラデーションスケールを中央揃えするには、グループ化変数の中心やビン分割されたデータの頻度ではなく、値を入力します。たとえば、研究チームは、ビン内のすべての製品の利益の平均によって定義されるグラデーションを選択します。事業主は、正の利益を上げた製品を持つビンがお金を失ったものと異なる色になるように、0を周囲のグラデーション対称値 (オプション)として入力します。

このオプションは、グラデーションタイプから発散を選択した場合にのみ使用できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください