ビン分割散布図 ビン分割されたデータの頻度を使用した例

エコノミストは、債務比率と年齢の関係を調べたいと考えています。エコノミストは、10万人以上の異なる人々から財務データを収集します。データセットが非常に大きいため、エコノミストはビン分割された散布図を作成します。

  1. 債務.MTWサンプルデータを開きます。
  2. グラフ > ビン分割散布図を選択します。
  3. Y変数債務比率を入力します。
  4. X変数年齢を入力します。
  5. グラデーションタイプから、低から高に順次を選択します。
  6. OKをクリックします。

結果を解釈する

Minitabでは、データを長方形のビンにグループ化します。ビン内の観測値の数に基づいて、ビンに明るいグレーから濃い青色が使用されます。エコノミストは、年齢に関係なく債務比率が0に近い人が多く、1に近い債務比率を持つ人はほとんどいないと考えています。プロットの途中の暗い領域は、年齢が増加するにつれて債務比率が増加することを示しています。しかし、年齢が50前後の値に達すると、暗い領域は下がり、年齢とともに減少し始めます。エコノミストは、債務比率の回帰モデルには、年齢の2次期間を含める必要があると判断しました。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください