許容限界区間のためのサンプルサイズの概要

許容限界区間のためのサンプルサイズを使用して、許容限界区間内のサンプルサイズと母集団の指定可能な最大パーセントの関係を調べます。Minitabでは、2つの方法の区間が表示されます。正規の方法は、データが正規分布に従うことが確かな場合にのみ使用できます。ノンパラメトリック法は、連続分布に使用できますが、正規の方法よりも保守的です。

例えば、エンジニアが母集団の96%を占める溶接長さの許容限界区間を計算するとします。エンジニアは、指定可能な最大パーセント98%を達成するのに必要なサンプルサイズを計算します。

サンプルサイズ分析を実行した後は、許容限界区間を計算することができます。詳細は、許容限界区間(正規分布)を参照してください。

この分析の場所

許容限界区間のためのサンプルサイズを実行するには、統計 > 検出力とサンプルサイズ > 許容限界区間のサンプルサイズを選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください