共分散のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

データは連続量でなければならない
カテゴリデータがある場合は、変数間の関連を調べるためにクロス集計とカイニ乗を実行します。
変数間の関係は線形または単調でなければならない
変数に非線形関係がある場合、結果が誤解を招くものとなる可能性があります。New 非線形関係があるかをグラフで確認するには、散布図または適合線プロットを使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください