多重変数の非正規工程能力分析の分析オプションの選択

統計 > 品質ツール > 工程能力分析 > 多重変数(非正規) > オプション

目標(T)

工程変数の目標値を指定するには、1つの値、複数の値、または値の列を入力します。1つの値を指定した場合、すべての変数またはグループに適用されます。複数の値、または1列の値を入力する場合、それらの値は変数で入力した列、またはグループ変数列のグループに順番に対応します。

目標値を入力すると、工程能力ヒストグラムと工程データ表で、各変数またはグループに対して目標値が表示されます。

工程能力統計量に許容限界K x σを使用する

標準偏差(σ)の数を単位として、許容限界の幅を入力します。デフォルトでの許容限界の幅は6標準偏差(工程平均のそれぞれの側で3標準偏差)です。

1つの値、複数の値、1列の値を入力できます。1つの値を指定した場合、すべての変数またはグループに適用されます。複数の値、または1列の値を入力する場合、それらの値は変数で入力した列、またはグループ変数列のグループに順番に対応します。

Minitabでは、K値が両側許容限界の幅として解釈されます。片側許容限界を使用する場合は、片側許容限界値の2倍に相当する両側許容限界値を入力します。たとえば、3σの片側許容限界を使用する場合は、「6」と入力します。

入力する許容限界を、実行するすべての工程能力分析のデフォルト設定とする場合は、ファイル > オプション > 管理図と品質ツール > 工程能力分析を選択し、デフォルトの許容限界を入力します。

表示

Minitabで表示する工程能力の測度を選択します。
  • 工程能力統計量(Pp): Ppなどの工程能力統計量を計算して表示します。
  • Zベンチ(σ水準):Zベンチの値を計算して表示します。Zベンチを使用するかどうかは、多くの場合、会社または業界の基準によって決まります。
規格はずれの期待値と観測値の表示方法を選択します。
  • 100万個当たりの部品:100万個あたりの部品数(PPM)単位で値を表示します。
  • パーセント:パーセントとして値を表示します。

工程能力分析を実行する時に必ずデフォルトでベンチマークZを表示する場合は、ファイル > オプション > 管理図と品質ツール > 工程能力分析を選択し、デフォルトの表示設定を変更します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください