1サンプル平均の無作為化テストのデータを入力する

1標本平均の無作為化検定 > 再抽出平均計算

分析では、以下の手順を踏み、データ、再標本の個数、仮説平均を指定します。

  1. 標本で、分析する数値データの列を入力します。
  2. 再標本数で、データの再標本を採る回数を入力し、指定します。各再標本の標本の大きさは、元のデータセットの標本の大きさに等しくなります。1~10,000の好きな値を入力します。通常は、再標本の数が多いとうまくいきます。

    Minitabでは、再標本の中央が仮説平均と同じになるようにデータが調整されます。まず、仮説平均と元の標本の平均の差が計算されます。次に、元の標本の各値に差を足すかまたは元の標本から差を引きます。

  3. 仮説平均に値を入力します。仮説平均により、帰無仮説(H0: μ = μ0)が定義されます。この値を、目標値または参照値と考えます。たとえば、電線の平均幅が3 mmと異なるかどうかを判定する場合、技師は3と入力します(H0:µ = 3)。
このワークシートでは、コストに機械の無作為標本のメンテナンスコストが含まれています。
C1
コスト
43
55
34
87
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください