1サンプル平均の無作為化テストの概要

1サンプル平均の無作為化テストを使用して、母平均を目標値または参照値と比較します。1サンプル平均の無作為化テストを使用して、重要な統計的概念を図示することもできます。

たとえば、品質分析者が無作為化検定を使用して、ボルトの平均のネジ長が目標値20mmと異なるかどうかを判断するとします。
  • p値は帰無仮説に対する証拠を測定するため、平均が目標に合っているかを品質分析者が断定できます。
  • ヒストグラムでは、標本分布の変動と形状が示されます。
  • 再抽出技術により、標本分布の標本の大きさの効果が表示されます。

ブートストラップと再抽出技術の詳細は、ブートストラップとはを参照してください。

この分析の場所

1標本平均の無作為化検定 > 再抽出 > 計算

他の分析を使用する場合

母平均の信頼区間を推定するには、1サンプル関数のブートストラッピングを使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください