2サンプル平均のブートストラッピングの概要

2サンプル平均のブートストラッピングを使用して、2つの独立したグループの2つの母平均間の差の標本分布を調べ、差の信頼区間を推定します。2サンプル平均のブートストラッピングを使用して、重要な統計の考え方を図示することもできます。観測値が独立しているということは、特定の観測の値が前の観測には依存しないということです。観測値が従属している場合、結果は有効ではない可能性があります。詳細は、「従属サンプルと独立サンプルの違い」を参照してください。

ある医療コンサルタントが2カ所の病院の患者満足度の差を推定するとします。医療コンサルタントは2標本平均にブートストラップを用いて、差の標本分布を調べ、満足度の差の信頼区間を推定します。
  • 信頼区間によって、平均満足度の差の値が含まれる可能性が高い範囲が得られます。
  • ヒストグラムでは、標本分布の変動と形状が示されます。
  • 再抽出技術により、標本分布の標本の大きさの効果が表示されます。

ブートストラップと再抽出技術の詳細は、ブートストラップとはを参照してください。

この分析の場所

2標本平均のブートストラップ > 再抽出 > 計算

他の分析を使用する場合

2つの独立したグループの母平均が異なるかどうかを判定するには、2サンプル平均の無作為化テストを使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください