1サンプル関数のブートストラッピングの概要

1サンプル関数のブートストラッピングを使用して、データ標本の指定された統計量の標本分布を調べ、母集団パラメータの信頼区間を推定します。1サンプル関数のブートストラッピングを使用して、重要な統計的概念を図示することもできます。以下の統計から選択できます。
  • 平均
  • 比率
  • 中央値
  • 分散
  • 標準偏差
たとえば、環境科学者が地理的地域の源泉から流れる水に含まれるカルシウム量の中央値を推定するとします。環境科学者は中央値にブートストラップを用いて、中央値の標本分布を調べ、水に含まれるカルシウム量の中央値の信頼区間を推定します。
  • 信頼区間は、母集団中央値の値が含まれる可能性が高い範囲です。
  • ヒストグラムでは、標本分布の変動と形状が示されます。
  • 再抽出技術により、標本分布の標本の大きさの効果が表示されます。

ブートストラップと再抽出技術の詳細は、ブートストラップとはをご覧ください。

この分析の場所

1標本関数のブートストラップ > 再サンプル > 計算

他の分析を使用する場合

再抽出技術を使用して仮説平均を検定するには、1サンプル平均の無作為化テストを使用します。

再抽出技術を使用して仮説比率を検定するには、1サンプル比率の無作為化テストを使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください