パレート図の統計的優位性の参照線は、誤差項の自由度に等しい自由度があり、tがt分布の(1 – α / 2)百分位である場合に、tに引かれます。

標準化効果の計算は項の自由度に依存します。連続予測変数と2水準カテゴリ予測変数には、1の自由度があります。1の自由度のある項では、標準化効果は係数表の係数におけるt統計量の絶対値です。

3水準以上のカテゴリ予測変数とその交互作用には1以上の自由度があります。1以上の自由度のある項では、標準化効果に以下の式があります。

表記

用語説明
誤差項の自由度に等しい自由度のある、t分布の逆累積分布関数
項の分散分析表のp値
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください