決定的スクリーニング計画の2値応答を分析の事象予測を求める方法と計算式

適合値と予測値

予測を計算するには、モデルのリンク関数を逆数にします。逆数関数はこの表にあります。

リンク関数 予測の計算式
ロジット
Normit
Gompit

表記

用語説明
exp(·) 指数関数
Φ(·) 正規分布の累積分布関数
X' 予測点のベクトルの転置
推定された係数のベクトル

適合値と予測の標準誤差

表記

用語説明
Φ1(二項モデル、ポアソンモデルの場合)
xh新しい計画点のベクトル
xhの転置
X計画行列
W重み行列
で評価されるリンク関数の1番目の導関数
予測平均応答

適合と予測の信頼限界

信頼限界では、ワルド近似法を使用します。これは、100(1 − α)%の両面信頼区間の以下の計算式になります。

表記

用語説明
xで評価されたリンク関数の逆数
予測変数のベクトルの転置
推定された係数のベクトル
で評価される正規分布の逆累積分布関数の値
α有意水準
X計画行列
W重み行列
1(二項モデルの場合)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください