要因計画の2値応答の分析の概要

要因計画の2値応答の分析を使用して、2値応答のある実験計画を分析します。2値応答のある3つの異なる種類の要因計画を分析します。
  • 2水準要因計画
  • 一般完全実施要因計画
  • プラケット-バーマン計画
要因計画の詳細は、Minitabで作成できる標準的な計画に進み、「要因計画」をクリックしてください。

要因計画を作成または定義し、応答データを追加した後、計画を分析することができます。応答データはワークシートで2つの列にまとめます。対称となる成功数または事象数を含む列と、試行回数を含む列です。

たとえば、技師のグループが繊維属性の3つの要因の効果を調査し、合格または不合格のどちらかに定性的に評価するとします。技師はデータを収集した後、成功(事象)数および試行回数をワークシートの2つの空欄に入力し、計画を分析します。

この分析の場所

統計 > DOE > 要因計画 > 2値応答曲面計画を分析

他の分析を使用する場合

連続応答変数が1つある場合は、要因計画の分析を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください