の概要バランス型分散分析

カテゴリ因子と連続応答がある場合に、2つ以上のグループの平均が異なるかを判断したり、最小二乗モデルを適合するには、バランス型分散分析を使用します。計画は、一元配置計画がない場合、釣り合い型にする必要がある 釣り合い型計画には、各処理の組み合わせで同じ観測数がなければなりません。モデルには交互作用項、交差・枝分かれ因子、および固定・変量因子を含むことができます。

たとえば、ある企業が作業者、機械設定、シフトがコーティング材料の粘度に影響するかどうかを判断したいと考えているとします。作業者、設定、およびシフトの全組み合わせは同じ数の観測値を持つため、計画はバランス型です。

データがアンバランス型だという警告メッセージが表示される場合は、クロス集計を実行して各因子水準の組み合わせにおける観測値の数を特定してください。

この分析の場所

バランス型分散分析を実行するには、統計 > 分散分析 > バランス型分散分析を選択します。

他の分析を使用する場合

計画が不釣り合いで共変量が含まれている場合または因子水準の多重比較を行う場合、固定因子すべてがあるならば一般線形モデルを適合を使用し、無作為因子があるならば混合効果モデルを適合を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください