連続スケールを変換すると、データを異なる視点から見ることができます。

スケールを変換するには、次の手順に従ってください。
  1. グラフをダブルクリックします。
  2. スケールをダブルクリックして、スケールの編集ダイアログボックスを開きます。
  3. 変換タブで適切な変換を選択します。
    対数
    同じ距離がスケール全体の異なる値の変化を表すため、対数スケールは軸を変えることで対数関係を直線化します。例えば、変換されていないXスケールを持つ散布図では、関数y = ln(x)は線形ではありません。Xスケールを対数の底eに変換したときに、データは線形の形になります。
    変換されていないXスケール
    変換されたXスケール(対数の底e変換)

    データに正数でない値が含まれる場合、対数スケールは使用できません。

    べき乗
    べき変換の場合、データ値は指定したべき乗まで上がり、スケールは線形のまま変わりません。例えば、変換されていないXスケールを持つ散布図では、データの曲線は線形適合回帰線に従いません。Xスケールでべき変換を実行すると、データは線形適合回帰線に従います。
    変換されていないXスケール
    変換されたXスケール(べき変換)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください