大数の法則のデモンストレーション

このマクロは、指定した回数のコイントスをシミュレートし、トスの合計数、「表」の合計数、「表」の比率、「表」の合計数と「裏」の合計数を計算します。

マクロをダウンロードする

ダウンロードしたマクロの場所をMinitabが見つけられるようにします。[ツール] > [オプション] > [一般]を選択します。[マクロの位置]でマクロファイルを保存する場所を参照します。

重要

古いWebブラウザを使用している場合、[ダウンロード]ボタンをクリックしたときに、Minitabマクロと同じ.mac拡張子を使用するQuicktimeでファイルが開く場合があります。マクロを保存するには、[ダウンロード]ボタンを右クリックして[対象をファイルに保存]を選択します。

マクロの実行

マクロを実行するには、セッションウィンドウの任意の場所をクリックし、[エディタ] > [コマンドラインを表示]を選択します。コマンドプロンプト(MTB>)で次のコマンドを入力します。

%COUNTHEM

Enterキーを押します。

入力を求められたら、コイントスの回数、およびその回数を繰り返すセット数を入力します。たとえば、50回のコイントスを5回繰り返して合計250回のコイントスを行う場合、「50, 5」と入力してEnterキーを押します。

詳細情報

100回のトスを1回行った結果

ROW  NUMTOSS  NUMHEADS  PROPORTN   DIFF 
   1      100        52      0.52      4 

100回のトスで「表」が出た回数は52回でした。

100回のトスを10回行った結果

ROW  NUMTOSS  NUMHEADS   PROPORTN   DIFF 
   1      100        52   0.520000      4 
   2      200       101   0.505000      2 
   3      300       147   0.490000     -6 
   4      400       198   0.495000     -4 
   5      500       252   0.504000      4 
   6      600       294   0.490000    -12 
   7      700       347   0.495714     -6 
   8      800       396   0.495000     -8 
   9      900       454   0.504444      8 
  10     1000       509   0.509000     18 

「表」の比率は0.5に近づいています。「表」の数と「裏」の数の差は大きく異なっています。

グラフの調査

トスの回数(NUMTOSS)に対する「表」の比率(PROPORTN)の散布図を作成すると、0.5に近づいていることがわかります。

「表」の数と「裏」の数の差(DIFF)に対するトスの回数(NUMTOSS)の散布図を作成すると、完全に異なる部分があることがわかります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください