べき変換を使用した回帰からのPRESS統計量

このマクロでは、応答のべき変換が線形回帰に適用された場合の、モデルの適合度、残差、削除した適合度、削除した予測平方和(PRESS)残差、およびPRESS統計量を応答の元の単位で計算します。

マクロをダウンロードする

ダウンロードしたマクロの場所をMinitabが見つけられるようにします。[ツール] > [オプション] > [一般]を選択し、[マクロの位置]でマクロファイルを保存する場所を参照します。

重要

古いWebブラウザを使用している場合、[ダウンロード]ボタンをクリックしたときに、Minitabマクロと同じ.mac拡張子を使用するQuicktimeでファイルが開く場合があります。マクロを保存するには、[ダウンロード]ボタンを右クリックして[対象をファイルに保存]を選択します。

必須入力項目

  • 回帰の予測変数の数
  • 予測変数の保存列
  • 応答変数の保存列
  • べき変換パラメータ

マクロの実行

1つの予測変数がC1に保存され、応答変数がC2に保存されているとします。べき変換パラメータ値は-1です。

  1. セッションウィンドウの任意の場所をクリックし、[エディタ] > [コマンドラインを表示]を選択します。
  2. コマンドプロンプト(MTB>)で次のコマンドを入力します。
    %PRESS
  3. Enterキーを押します。 次のように追加情報の入力が求められます。 たとえば、次のようになります。
    Please enter the number of predictor variables in the regression...
    DATA> 1
    Please enter column number of predictor variable...
    DATA> 1
    Please enter column number of response variable...
    DATA> 2
    Please enter response power transformation parameter value...
    DATA> -1 <-- reciprocal transformation of response specified
    

詳細情報

参考文献

Allen, D. M.(1971年)『The Prediction Sum of Squares as a Criterion for Selecting Predictor Variables』 Technical Report Number 23, Department of Statistics, University of Kentucky

Delozier, M. R.(2004年)『Introduction to Applied Industrial Statistics, Industrial Short-Course Participant Manual』

Myers, R. H.(1990年)『Classical and Modern Regression』

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください