記述統計量(表)の方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

平均

平均はすべての観測値の和を(非欠損の)観測値の数で割ったものです。次の計算式で、各セルまたは散布の平均を、そのセルまたは散布に対応するデータを使いながら計算します。

計算式

表記

用語説明
x各観測値のデータ値
n各セルまたは散布の観測数の度数

中央値

中央値は順序データのセットの中央の値です。したがって、観測値の少なくとも半分は中央値以下、観測値の少なくとも半分は中央値以上になります。

データセットに含まれる観測値の数が奇数の場合、中央値は中間の値です。データセットに含まれる観測値の数が偶数である場合、2つの値の平均が中央値です。

次の方法で、各セルまたは散布の中央値を、そのセルまたは散布に対応するデータを使いながら計算します。
Nは奇数
たとえば、N = 5で順序データ(最小値から最大値)x1、x2、x3、x4、x5がある場合、中央値 = x3です。
Nは偶数
たとえば、N = 6で順序データ(最小値から最大値)x1、x2、x3、x4、x5、x6がある場合、

最小値

表のセルまたは散布にある最小データ値です。

最大値

表のセルまたは散布にある最大データ値です。

和は、表のセルまたは散布にあるすべてのデータ値の合計です。

和 = Σ x

標準偏差

標準偏差は、散布度、平均についてのデータの広がり方を表す最も一般的な測度です。値が広がるほど、大きな標準偏差になります。分散の平方根を求めて、標準偏差を計算します。

計算式

この計算式で、各セルまたは散布の標準偏差を、そのセルまたは散布のデータを使いながら計算します。

表記

用語説明
x各観測値のデータ値
各セルまたは散布の平均
n各セルまたは散布の観測数の計数

非欠損値の数(N)

表のセルまたは散布にある非欠損の観測値の数です。

欠損値の数(N)

表のセルまたは散布にある、欠損の観測値の数です。

度数

計算式

度数はそれぞれのカテゴリの組み合わせが起こる回数です。

行パーセント

計算式

行パーセントは、セル度数の行合計に対する比率に100を掛け、次の計算式で得られます。

表記

用語説明
n i+ iの観測数
nij ijのセルの観測数

列パーセント

計算式

列パーセントは、セル度数の列合計に対する比率に100を掛け、次の計算式で得られます。

表記

用語説明
n +j jのすべての観測値を計算
nij ijのセルの観測値を計算

総パーセント(T)

計算式

総パーセントは、セル度数の観測値合計数に対する比率に100を掛け、次の計算式で得られます。

表記

用語説明
n ++ 表の観測値数
nij ijのセルの観測数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください