記述統計量(表)の追加的な統計の要約がある表の例

ある医療研究者は、さまざまな因子が脈拍に与える効果を調べようとしています。研究者は、91人の学部生の身長、体重、性別、喫煙状況、運動レベル、および休息時脈拍を記録します。そして、学生を無作為に2つのグループに分けます。最初のグループは1分間その場で走り、もう1つのグループは静止して立っています。次に、研修者は学生の脈拍をもう一度記録します。

研究者が研究対象の個人について、性別と活動性水準で分類し、身長と体重の要約を作成します。

  1. サンプルデータ脈拍.MTWを開きます。
  2. 統計 > > 記述統計量を選択します。
  3. 行に対しに、性別を入力します。
  4. 列に対しに、活動性を入力します。
  5. 関連変数をクリックし、身長体重を入力します。表示の下で、平均標準偏差、および非欠損値の数を選択します。
  6. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

性別と活動性で分類した、身長と体重の平均、標準偏差、サンプルサイズが表示されています。たとえば、研究対象の活動性水準が中程度の男性35人がいます。活動性が中程度の男性の平均体重は158.1ポンドで、標準偏差は20.58ポンドです。「すべて」の下の列周辺値は、すべてのデータを合わせた全体の統計量です。

デフォルトでは、テキストカテゴリの表示がアルファベット順になっています。この順序を変更するには、値の順序の変更が必要になります。詳細については、Minitab出力でのテキスト値の表示順序の変更を参照します。

集計統計量: 性別, 運動

行: 性別 列: 運動 少ない 多い 普通 すべて 女性 65.00 64.60 65.62 65.40 123.0 121.0 124.5 123.8 2.160 2.074 2.735 2.563 7.70 21.02 12.78 13.37 4 5 26 35 4 5 26 35 4 5 26 35 男性 72.40 71.13 70.43 70.80 170.0 155.5 158.1 158.4 2.510 2.649 2.521 2.579 19.69 13.21 20.58 18.77 5 16 35 56 5 16 35 56 5 16 35 56 すべて 69.11 69.57 68.38 68.73 149.1 147.3 143.8 145.1 4.485 3.773 3.532 3.679 28.80 21.12 24.27 23.87 9 21 61 91 9 21 61 91 9 21 61 91 セルの内容 身長 : 平均 体重 : 平均 身長 : 標準偏差 体重 : 標準偏差 身長 : 非欠損値 体重 : 非欠損値 計数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください