事後検出力とサンプルサイズの分析とは

事後検出力とサンプルサイズの分析とは、すでに実行した検定の検出力が十分であったかどうかを調べるために使用する分析です。

あるエンジニアが仮説検定を実行しますが、その検定ではエンジニアが指定した差が検出されません。そこで、エンジニアは事後検出力とサンプルサイズの分析を実行します。これにより、この差を検出するための検出力が低いことがわかります。検出力を増加させて再度検定を行う場合もあります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください