要因計画の検出力とサンプルサイズの分析で使用する反復数の決定

要因計画では、サンプルサイズによって必要な観測数を示すのではなく、反復数を使って表されます。反復とは、同じ因子設定(水準)で実験を複数回実行することです。たとえば、3つの因子で完全実施要因計画を行うときは、1つの反復に8つの頂点が必要になります。基本計画には、すべての因子の低水準と高水準のあらゆる組合せが含まれます。計画を反復するたびに、元の8つの頂点を反復したものである8つの実行が追加されることになります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください