2水準要因計画またはPlackett-Burman計画の検出力とサンプルサイズの分析で使用するブロック数の決定

次の手順を実行して、2水準要因計画またはPlackett-Burman計画の検出力とサンプルサイズの分析で使用するブロック数を決定します。

  1. 最初は1ブロックから始めて、必要な検出力を得るために必要な基本計画の反復数を計算します。
  2. 実行数の数に応じてブロックを追加します。頂点の数と反復数を掛けたものをブロック数で割って、均等に分配できるようにする必要があります。
  3. 検出力とサンプルサイズの分析を再試行してブロックの追加が検出力に与える影響を調べます。追加のブロックをモデルに含めると、誤差項から自由度が失われるため、検出力が弱まる可能性があります。モデルに頂点を追加することで検出力を強化することができます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください