推定のためのサンプルサイズのデータの入力

統計 > 検出力とサンプルサイズ > 推定のサンプルサイズ

推定のためのサンプルサイズの計算のデータを指定するには、次の手順を実行します。

  1. パラメータを選択し、次に計画値を入力します。 計画値は、関連調査、計画規格、試験的研究、専門知識などの情報から得ることができます。使用する計画値は、実行する分析および推定するパラメータによって異なります。
    実行する分析 推定するパラメータ 使用する計画値

    1サンプルZ, 1サンプルt, 対応のあるt

    正規分布の平均

    標準偏差

    1サンプルの分散

    正規分布の標準偏差

    標準偏差

    1サンプルの分散

    正規分布の分散

    分散

    1サンプルの比率

    二項分布の比率

    比率

    1サンプルポアソン率

    ポアソン分布の率

    1サンプルポアソン率

    ポアソン分布の平均

    平均

    1サンプルZのサンプルサイズまたは誤差幅を推定する場合は、オプションボタンをクリックしてから母集団標準偏差が既知と仮定するを選択します。

  2. ドロップダウンリストから、サンプルサイズと誤差幅のどちらを推定するかを選択できます。
    • サンプルサイズの推定を選択する場合、誤差幅の値を入力します。異なる誤差幅の効果を評価するには、複数の値を入力します。通常、誤差幅が小さいほどサンプルサイズは大きくなります。
    • 誤差の端の推定を選択する場合、サンプルサイズの値を入力します。異なるサンプルサイズの効果を評価するには、複数の値を入力します。通常、サンプルサイズが大きいほど誤差幅は小さくなります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください