推定のためのサンプルサイズのサンプルサイズの解釈

サンプルサイズとは、サンプルに含まれる観測値の合計数のことです。

解釈

サンプルサイズを使用して、指定した信頼水準で、母集団の値の一定の誤差幅内のパラメータを推定するために必要な観測値数を推定します。通常、サンプルサイズが大きいほど誤差幅は小さくなります。誤差幅を小さくするために十分な観測数が必要ですが、過剰なサンプル数を得るために時間と労力を浪費する必要はありません。

これらの結果では、ある分析者が抵抗器の平均電圧を推定したいと考えています。信頼水準95%で、5の誤差幅を達成するには、81のサンプルサイズを収集する必要があります。

推定のサンプルサイズ

方法

パラメータ 平均 分布 正規 標準偏差 22.5 (推定) 信頼水準 95% 信頼区間 両側
結果 サンプル 誤差の幅 サイズ 5 81
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください